札幌遺言相続後見人終活葬儀エンディング支援

アクセスカウンタ

zoom RSS そもそも永代供養とは?

<<   作成日時 : 2014/12/15 20:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 近年、少子高齢化の進行で、お墓を承継する人(承継者)がいないなどの理由から、生前から永代供養墓(えいたいくようばか・えいたいくようぼ)を希望する人が増えています。

 承継者がいる場合でも、遠路の墓参りで残された人に負担・迷惑をかけたくない、先々無縁になることは避けたいといった理由で、永代供養墓を求める人もいます。
 従来のお墓より安く利用できるのも増加の大きな理由といえます。
 
 永代供養墓という場合、個人や家族単位で個別に墓石を建てず、血縁のない人、知らない人同士の遺骨をまとめて埋葬する合葬墓(がっそうぼ)・合祀墓(ごうしぼ)と同じ意味で使われるケースが多いようです。

 合葬墓と合祀墓は、ほぼ同じ意味ですが、合祀墓と言った場合は宗教的なニュアンスが強いため、公営霊園では使われず、たいてい合葬墓という言い方になっています(以下、合葬墓で統一します)。
 ただ、永代供養墓は、必ずしも合葬墓とは限りません。
 従来のお墓を、そのまま永代供養してもらうケースがあるからです。
 日本での永代供養墓が広がるきっかけとなったのは、必ずしも合葬墓からではないようで、霊園のなかに永代供養墓専用エリアを設けたことだったそうです。

■永代供養の「永代」とは
 永代供養墓について紹介する前に、まず、そもそも「永代供養」とは何かを確認しておきたいと思います。
 供養(くよう)とは、仏や菩薩などに香・花・灯明・飲食などの供物(くもつ)をささげることで、永代供養は、そうした行為を「永代」にわたって行うことといえます。
 しかし、ここで言う「永代」とは、イコール永久ではなく、通常は数世代にわたる比較的長期の年月をかけて、死者を供養することを意味しています。
 これは、おそらく、「弔い上げ」と関係しています。通常は十七回忌か三十三回忌で「弔い上げ」といって終わりにします。五十回忌や百回忌では、個人を直接知る人がいなくなるためです。
 日本では、その後、故人の霊魂は集合霊となり「ご先祖さま」の仲間入りをするという考え方もあります。
 
 そこで、永代にわたり供養するといってもこれに準じ、最初は個別に骨壺を分けて埋葬・供養しても、十三回忌まで、三十三回忌までと一定期間で区切り、その後は、遺骨を骨壺から出して合葬するという方法を採るケースが主流です。
 いまや最初から合葬するケースや、文字通り永代に骨壺で安置するというところもあり、一概には言えませんが、負担する費用により期間を選べるケースもよく見受けられます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
画像
画像
画像
画像
画像
画像

リンク集

そもそも永代供養とは? 札幌遺言相続後見人終活葬儀エンディング支援/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる