札幌遺言相続後見人終活葬儀エンディング支援

アクセスカウンタ

zoom RSS 樹木葬について

<<   作成日時 : 2014/09/13 12:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 イメージだけで理解している方も多いと思いますので、簡単に樹木葬についてご紹介します。

 近年はさまざまなカタチの埋葬方法がありますが、 樹木葬もそのなかのひとつです。
 樹木葬は墓石を墓標とする従来の埋葬とは異なり、 木や草花を植え、その下に骨を埋めます。
 自然への回帰がイメージしやすく、それも人気を集めるひとつの理由です。

 しかし、樹木葬に魅力に感じている人はいても、 実際に樹木葬について詳しく知っている人はそれほどいないでしょう。
 
 また、選ぶ際には後に後悔とならないよう、 樹木葬の特徴を把握しておく必要があります。

 今回は樹木葬について、埋葬方法や相場、メリット・デメリットなど、 検討の際に役立つ情報をご紹介します。

樹木葬はどこでできる?
 樹木葬を考えた時、まず気になるのはどこでできるのかということです。

 好きな所に埋葬して良いわけではなく、墓石を使った埋葬同様、 法的に許可を得た場所に埋葬する必要があります。
 また、埋葬には埋葬許可証も必要になります。

 埋葬場所は大きく分けて以下の2つです。
 ・霊園などで用意されている公園型
 ・山の一部を使用して自然と共存する里山型

 自然への回帰という点では、里山型のほうがイメージしやすいのではないでしょうか。
 2種類の埋葬方法
 樹木葬で埋葬する場合、大きく分けて2種類の方法が考えられます。

■個別に埋葬する場合
 それぞれの遺骨を個別で埋葬する方法です。
 墓石を利用する場合では最もポピュラーな方法ですが、樹木葬においてもそれは同じことです。
 個別に埋葬する場合、ひとりに対して1本の樹木を植えるタイプと、1本の樹木を植えた区画に複数の遺骨を埋葬するタイプの2種類が考えられます。それぞれに1本の樹木を植えるタイプはスペースの問題もあるため、対応している霊園・墓地はそれほど多くないようです。

■複数人を同じ区画に埋葬する場合
 前項でも複数人で同じ区画を利用するタイプを紹介しましたが、あちらがあくまでも個別の骨壺で埋葬するのに対し、こちらは遺骨を個別管理しません。
 いわゆる合同墓の形式です。
 この場合、複数の遺骨をまとめて骨壺に納めるため、一度埋葬すると特定の人物の遺骨だけを取り出すことはできません。その代わり、個別管理の場合よりも費用が安くなる傾向にあります。

樹木葬のメリット・デメリット
 樹木葬にはいくつかメリットがありますが、当然ながらデメリットもあります。
 どちらも考慮した上で、樹木葬について検討しましょう。

■樹木葬のメリット
・個人墓として利用していることが多く、その場合は墓地の継承を必要としない
 一般的な墓石は継承するものですが、継承者がいなくなるといった問題もあります。
 樹木葬なら個人墓であることが多いため、墓地を継承する必要がなく、そういった問題も起こらなくなります。
・一般の埋葬とは異なり、墓を管理する必要がない
 樹木葬の場合、一般の永代供養などと同じように、霊園・墓地側が管理を行ってくれます。
・墓石を必要としないため、一般の埋葬に比べて費用を抑えることができる
 墓石を用いる場合、その費用は200万円程度とも言われています。
 しかし、樹木葬ではそこまでの費用は必要なく、比較的安価で済ませることができます。
・散骨よりもお墓の形態に近く、お参りが可能であるため供養もしやすい
 お墓がない埋葬としては散骨も有名ですが、散骨の場合は後にお参りをする場所がないため、どう供養するか悩むこともあります。
 樹木葬は同じ自然葬でありながら、お参りをする墓標があるため、供養に関しても安心できます。

■樹木葬のデメリット
・遺骨は自然に帰るため、後に取り出すことはできない
 骨壺を使用しない場合の樹木葬では、遺骨は最終的に自然に帰ります。
 そのため、後で取り出すことができず、骨を移したりはできなくなります。
・1本の木を墓標とした、合同墓のような形式のものが多い
 1区画に1本ずつ植えるタイプの樹木葬は広大なスペースが必要であるため、この形式の樹木葬を見つけるのはなかなか難しいと言えます。
 そのため、形式的には合同墓のようになることが多いです。
・遺族・親族には事前にきちんと説明しておく必要がある
 樹木葬は比較的新しい埋葬方法であるため、特に高齢者からの理解を得られない場合もあります。
 事前に説明しておかないと親族間でのトラブルの原因にもなるので、よく相談した上で決めるようにしましょう。

樹木葬の相場
 樹木葬の相場は、それが公園型なのか里山型なのかによっても変わりますが、 一般的には墓石を利用する埋葬よりも安くなることが多いです。

 平均相場は安ければ20万円程度で、高くても70万円程度で利用できます。

 墓石を利用した埋葬には200万円程度必要とも言われているので、 樹木葬がいかに安いかがわかると思います。
  
 もちろん、石のプレート設置やペットと一緒に入る等といったオプションを追加すればそれだけ費用はかかりますが、この相場を大きく逸脱することはあまりないでしょう。

まとめ
 1区画に1本樹木を植えることができる樹木葬はそれほど多くありませんが、 自然に還ることができることから近年注目を集めています。
 また費用が安く、継承者を必要としないことも人気の要因です。

 しかし、本文でも述べたようにいくつか注意しなければいけないこともあるため、 安いから・楽だからというだけでなく、きちんと考えて選ぶようにしましょう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
画像
画像
画像
画像
画像
画像

リンク集

樹木葬について 札幌遺言相続後見人終活葬儀エンディング支援/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる