札幌遺言相続後見人終活葬儀エンディング支援

アクセスカウンタ

zoom RSS 急増する無縁墓

<<   作成日時 : 2014/08/16 14:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

家族が集まりお盆をお過ごしの方が多いと思いますが、こんな問題も増えています。


ひっそり無縁墓に入り、お盆に墓参りをする親族もない遺骨が増えている。

管理する自治体は置き場に困り、千葉県では一部の市が骨を粉にする「粉骨」による減量化を始めた。
東京都では遺骨の保管年数を短縮する区も登場。孤独死の増加が背景にある。

【写真】無縁の遺骨でいっぱいになった納骨堂。「みな等しく供養させてもらっています」と住職は話す=12日、千葉県館山市上真倉の慈恩院、井上恵一朗撮影


房総半島にある千葉県館山市。慈恩院の一角に、市が火葬した引き取り手のない遺骨の納骨堂がある。
高さと幅1・6メートル、奥行き1・8メートルの古びた石造で、3方の壁にある3段の棚に骨壺(こつつぼ)がぎっしり。床にも積まれている。

 「ここ10年ほどで急に増えた」と市社会福祉課の杉田和義係長。
古くは昭和30年代あたりから保管し続けてきたが、遺骨の急増で収めきれなくなった。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
画像
画像
画像
画像
画像
画像

リンク集

急増する無縁墓 札幌遺言相続後見人終活葬儀エンディング支援/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる